So-net無料ブログ作成

桜木町 [横浜市内]

no-title
本町3丁目、中華街、元町方向(1/22)
no-title
横浜線、E233系 桜木町駅

no-title
根岸線(横浜ー磯子ー大船)E233系

no-title
上の2枚とも慌ててシャッター押したのでヒドイ構図になってしまった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日1月28日はがぶちんの2年目の命日。そして持病の通院日。朝一で行くか(20~30人は並んでいる)
午前中の受付終了30分前に行くか(病院内は超満員) 優先順位は病院~お寺~散策かな。
お気に入りの愛機、Nikon1 j1のバッテリー充電しよう。EOS7Dは写す被写体によって持ち歩きます。が、
見知らぬ人物撮影は一切しない。祭りとかパレードなど撮影したことが殆どありません。
知り合い、友人、仲間との集合写真や楽しいひと時は沢山撮ります。メインはスナップ風景撮影。
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 5

コメント 4

みっころ

歳がバレバレですが、40年前の中学校3年の時、
航海士の長兄が横浜港に着いたので会いに行くことになりました。

次兄と二人で大きなタンカー船の中もを見学させていただきました。
中華街と山下公園、氷川丸の見学を覚えています。

翌日帰るときに桜木町駅に向かった
途中の公園で撮った私の写真があります。

なぜか…どこに泊まったのか覚えていないのですが、
たぶん船員家族が会いに来た時の宿泊先があったんでしょうね。

やっぱり横浜にゆっくり行ってみたいなぁ。


by みっころ (2017-01-28 20:00) 

YK045

>みっころさん

40年前の中学校3年の時、航海士の長兄さんが横浜港に着いた時に会いに行ったそうですね。
40年前・・1回目の成人式でしたよ(笑)

ナビオス横浜は(横浜国際船員センター) ですし、公共の宿、横浜海員会館など山下公園付近にあります。
ですので、船員施設又は関連施設に宿泊されたかもしれませんね。

当時を知る人は桜木町から野毛界隈(自分の故郷)なら地元の方々がいると思います。
沢山の思い出を辿る旅も良さそうです。

話はそれますが、北陸から上野まで夜行列車も昼行特急もありましたね。中1の夏休みに「特急はくたか」で上野ー金沢ー七尾ー珠洲。輪島も和倉も氷見も金沢市内も旅で行きました。
by YK045 (2017-01-29 02:17) 

みっころ

おぉー、海員会館なんかが、当りっぽいですね。

兄は大阪商船三井船舶㈱(今は㈱商船三井ですかね?)の航海士で
タンカー船、コンテナ船で日本に来た時見に行きました。
一番印象に残っている船は、ドーバー海峡に行ってると聞いたドーバー丸です。
たぶん横浜で見たタンカーだったんじゃないかな。
赤と黒の船だったような…船に横付けされた階段を上るのが怖かった(下を見たら海~~)
船長室にも入れてもらえて、ここから見てこの図面見て、舵をとって…となにやら説明されたけど変なことしか覚えていません(笑)
兄の部屋を見せてもらって、波が凄い時いろんなものが倒れるからって、カセットラジオが紐で繋がれてたり、ベッド下の引出しに永谷園のお茶漬けと梅干し持ってるのを見たり……
コックさんがいるからステーキも出ると聞いて、羨ましく思ったり…(笑)

母が東京出身だったので、三鷹と白金に伯父が、横浜に叔母がいました。
何度か行った三鷹の伯父の家(今は川崎市に引っ越してます)に泊まった時
特急はくたかだったんじゃないかな。
大人になって仕事関係で夜行列車も乗りました。
今の新幹線で2時間で行けるなんて夢のようですね。
…と言っても今じゃ車で行くので未だ新幹線に乗っていないという…(笑)

by みっころ (2017-01-29 15:41) 

YK045

>みっころさん

お兄さんは、MOL(港での通称)の航海士だそうですね、凄すぎる!
タンカー船、コンテナ船で日本に来たときに見に行ったそうで・・。
ドーバー海峡に行っているドーバー丸。一番印象に残っているそうですね。
船に横付けされたはしご階段みたいなの見ますよね、不安定そうで怖そうです。
航海は天候との闘いになるんでしょうね。台風や低気圧など、大変なご苦労かと思います。

お母様が東京出身だったそうで、都内や横浜に伯父や伯母がいらっしゃったんですね。特急はくたか、急行能登、越前、北陸、など。北陸新幹線で富山金沢が日帰りで行けるのは凄い便利な時代になりましたね。

コンテナ船が横浜港、大黒ふ頭、大井埠頭に出入港するコンテナを本牧ふ頭を基点に20年くらい陸上輸送していました。東は青森、西は大阪神戸や岡山まで。
みっころさんのお膝元も何度も行きました。当時は長野道もなく北陸道(全線未開通)なので、横浜から長野市上越市と走り、断崖絶壁の親不知(新潟県)を過ぎ、魚津市のあのチャック(ファスナー)で世界的に有名な工場へ積み込みに行きましたよ。他にアルミ製の工場が多く、市内の工業団地にも行きました。冬は長野市から先ず~っと雪で峠超え含めて大変でした。
by YK045 (2017-01-30 01:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。